日々の暮らしの中で思うこと

少し立ち止まって、少し考えてみる。そんなことをブログで綴ってみたいです。

秋の夜長 図書館法第2条

フェーズ1_リハビリ進行中

 

会社辞めて、間もなく1ヶ月になります。

 

元々、いい奥さんなわけではなく、

今まで何十年も「仕事だから」「残業だから」「ホコリじゃ死なないし」と言い訳しながら見過ごしてきた家事。

辞めた以上、最低限の主婦はしないとイケナイわぁ〜とも思うのだけど、旦那さんも五月蝿く言うような輩ではなく、、モチロン私も旦那さんに五月蝿くいうタイプではないこともあり、

真面目に掃除をするわけでもなく、手の込んだ料理を作るわけでもない、そんな毎日を過ごしてます。

 

基本的にはサラリーマン時代のリズムは崩さず、定時退社で勤務時間は自分の事に没頭してます。

(ブログもこの時間内で書いてます)

 残業や通勤時間が無くなった分、自分の時間が増え、家の事もやる時間が増えました。

 

この1ヶ月で辞めて良かったと思えた事 Best5

 

第1位 環境改善

  第1位はやはりコレ。

  ラストスパートもしんどかった。。。

第2位 前向き

 「やりたい」と思う気持ちを回復できたこと。

  時間もそうですが、心にゆとりがないと前向きになれないんですよね。

  面倒になってしまって。。。でも少しずつ回復中。

  退職して中断していた、交友関係や趣味など少しずつ再開し始めています。

第3位 「今」という時間

  洗濯物を干しながら、鳥の声に耳を傾けたり、空を眺めたりする時間。

  なんか、幸せだわぁ〜って

  パンパンッと洗濯物干しながら、ほわーっと思える自分がいるってホントいいですよ。 

第4位 自己研鑽

  ニュースをみて、もっと知りたい、もっと調べようと思える。

  以前は、仕事に関係しない事は殆どみる余裕がなかったですね。

  だから、少しずつ仕事以外の事に興味も持てなくなっていました。

  それも気力回復しつつあるって事かなと思ってます。

第5位 ジャンクフードを食べる時間

  袋麺のインスタントラーメンを食べるランチの時間ができました。

  会社員の時は仲間たちとランチですが、今は殆ど一人ランチ。

  少しさみしい時もありますが、懐かしのラーメン密かに楽しんでます。

  でも、はまらないように気をつけないと。

  インスタントラーメンにはトランス脂肪酸が多く含まれてますから。。。

  ホドホドに。。。

 

もちろん、不安もあります。

 

・社会とどう関わるか。

 

  会社員というような身分がなくなって、色々な縛りがなくなりました。

  以前のように、様々な事がドンドン襲いかかってきて。。。

  ギャァーーーーーーッ!!!!

  というように、やらなければならない事があふれてくるわけではないから。

 

  何もしなければ、関わりもほとんどなく生きていけちゃいます

  子育ても終わってますし。。。ね

  

  降りかかってくる、「やらなければならない」という事柄に対応するのではなく、

  自分から積極的に行動していく。。。、

  「やればできる」事をドンドン探して、ドンドン関わっていく。。。

  そういうスタンスかなと、思ったりしている今日このごろです。

 

 色々ありますが、

少しずつ、自分らしく生きる道を探して進化いきたいと思います。

色んな生き方があっていい。。。

 

図書館から文庫が消える??

 

私は熱心な読書家ではありませんが、図書館はなくてはならない存在。

でも今は、何でもインターネットで調べられるので最近はご無沙汰気味ー。

そして確かに、活字離れやインターネットの普及によるものという議論があります。

 

でも、学生のスマホ利用との因果関係は見られないんじゃないかという話もあるので

学生の読書離れ、スマホが原因? 実は長期的傾向|出世ナビ|NIKKEI STYLE

一概にインターネットの普及によるものではないかも。 

私自身、退職して時間が出来始めたので本を読みたい気持ちになってきていますから、

「時間」や「心」のゆとりが大きな原因かもしれません。

 

紙をめくりながら文字を読む時間は

PCやスマホでは得られない感覚。。。と私は思います。

 

 

 ところで今、政党決起大会、イエイエそうではなく

全国図書館大会なるものが、開催されています。

 (↑初めて知りました。。。)

第21分科会 出版と図書館 | 分科会 | 第103回 全国図書館大会 東京大会

 ↑ここで、明日、文芸春秋の社長↓が文庫本の貸出中止を要請するとか!!?

文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

 出版社としては減少する文庫本売上について、何らかの対策は取らないとならないのでしょう。。。理解できます。

しかしっ!!

これが認められてしまうと、かなり問題でしょう。

 

ただ、、、TPPでも著作権保護期間が延長されているように、

一定期間制限するなどの保護策は検討してもいいのかなと思いました。

 

読書の秋。。。一日数分でも、読む時間を持ちたいですね〜♪

久しぶりに図書館に行ってきます!!

 

■図書館法
 
第2条 (定義)
この法律において「図書館」とは、図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーシヨン等に資することを目的とする施設で、地方公共団体日本赤十字社又は一般社団法人若しくは一般財団法人が設置するもの(学校に附属する図書館又は図書室を除く。)をいう。

 

 投票日まで、あと10日