日々の暮らしの中で思うこと

少し立ち止まって、少し考えてみる。そんなことをブログで綴ってみたいです。

民進党の150億はいずこに?? 所得税法第161条 公職選挙法第92条、93条

源泉徴収

 

源泉徴収税というと、サラリーマンにとっては身近な税といえると思いますね。

先日、控除用の保険料の証明書が届きました。

あとは源泉徴収票の到着待ちです。

もうすぐ年末調整、確定申告の季節ですね〜

今年は還付になるので、密かに楽しみなのです。

だって、だって、その還付分でスキーを計画中〜♪

 

さて、

私自身、年末調整を含め税務も担当していた関係もあり、源泉徴収税について僅かな知識の蓄えがあります。

でも、著作権は知ってましたけど知財権が源泉徴収税という知識はありませんでした。

 

トヨタ知財使用料で指摘を受けたみたいなので、対象なんですねー

勉強になりました。

 

トヨタに源泉徴収漏れ指摘 海外取引の「知財使用料」 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

ただ、知財権については所得税法161条に明記はないです。

工業所有権、その他技術に関する権利…あたりが該当した??…のかなと。。。

ちなみに昨年、指摘されて納税したアップルは著作権なので明記されています。

国税局が動いた!Apple子会社の日本法人に120億円の追徴課税―なぜ漏れが起きた? - iPhone Mania

 

昨年度の摘発した脱税事件は前年より、件数も額も増えているようで。。。

何がキッカケで調査になるのかわかりませんが、脱税が判明する半分超は告発らしいです。

 

税務署報道発表によると、査察事案に係る脱税額は総額で150億円。

そのうちの半分が国民の力でもぎとったようなものですね。

 

んっ??

150億??

どこかで見た数字と思いきや、コレコレ。

話は全然違いますが、、、

民進党の繰越資金が約150億円、この政党交付金100億円の使途についてのニュースでした。

民進資金に希望が触手?=交付金原資に100億円超【17衆院選】:時事ドットコム

 

供託金って300万円、重複候補は600万円。

お金のない人は立候補できない制度ってどうなんでしょうねー。

「選挙供託金は違憲」と提訴、宇都宮弁護士「少数派の政治参加を妨げている」 - 弁護士ドットコム

供託金がゼロになったら多少候補者は増えるかもしれませんが、

有権者が誰にするかを判断すればいい話です。

 

 

(国内源泉所得)
第161条 この編において「国内源泉所得」とは、次に掲げるものをいう。
 (以下、省略)
11 国内において業務を行う者から受ける次に掲げる使用料又は対価で当該業務に係るもの
イ 工業所有権その他の技術に関する権利、特別の技術による生産方式若しくはこれらに準ずるものの使用料又はその譲渡による対価←ここかなって思います。
ロ 著作権(出版権及び著作隣接権その他これに準ずるものを含む。)の使用料又はその譲渡による対価
ハ 機械、装置その他政令で定める用具の使用料
 
 
(供託)
第92条 
1   町村の議会の議員の選挙の場合を除くほか、第八十六条第一項から第三項まで若しくは第八項又は第八十六条の四第一項、第二項、第五項、第六項若しくは第八項の規定により公職の候補者の届出をしようとするものは、公職の候補者一人につき、次の各号の区分による金額又はこれに相当する額面の国債証書(その権利の帰属が社債、株式等の振替に関する法律(平成十三年法律第七十五号)の規定による振替口座簿の記載又は記録により定まるものとされるものを含む。以下この条において同じ。)を供託しなければならない。
    1 衆議院小選挙区選出)議員の選挙 三百万円
 

     (以下省略)

2 第八十六条の二第一項の規定により届出をしようとする政党その他の政治団体は、選挙区ごとに、当該衆議院名簿の衆議院名簿登載者一人につき、六百万円(当該衆議院名簿登載者が当該衆議院比例代表選出議員の選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者(候補者となるべき者を含む。)である場合にあつては、三百万円)又はこれに相当する額面の国債証書を供託しなければならない。
3 第八十六条の三第一項の規定により届出をしようとする政党その他の政治団体は、当該参議院名簿の参議院名簿登載者一人につき、六百万円又はこれに相当する額面の国債証書を供託しなければならない。
 
(公職の候補者に係る供託物の没収)←一定の得票数に至らない場合は没収
第93条 第八十六条第一項から第三項まで若しくは第八項又は第八十六条の四第一項、第二項、第五項、第六項若しくは第八項の規定により届出のあつた公職の候補者の得票数が、その選挙において、次の各号の区分による数に達しないときは、前条第一項の供託物は、衆議院小選挙区選出)議員又は参議院(選挙区選出)議員の選挙にあつては国庫に、都道府県の議会の議員又は長の選挙にあつては当該都道府県に、市の議会の議員又は長の選挙にあつては当該市に、町村長の選挙にあつては当該町村に、帰属する。

 

投票日まであと9日