日々の暮らしの中で思うこと

少し立ち止まって、少し考えてみる。そんなことをブログで綴ってみたいです。

日本のみらいは 憲法第14条 15条

第98代内閣総理大臣

 

安倍首相は63歳だったんですね。。。今更ですが。

そして、だから、どうという訳ではありませんが。。。

 

さて、今日のWikiは未だ第3次のままでしたが、昨日第4次安倍内閣が発足しました。

内閣総理大臣 - Wikipedia

<第4次安倍内閣発足>改憲議論呼びかけ 首相会見 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

長い。。。小泉元総理の在任期間なみです。

 

今回の選挙で改憲議論は加速すると思いますが、こちらもスタートしてました。

 

1票の格差是正に向けた裁判

一人一票(2017衆院)裁判 | 一人一票実現国民会議

小選挙区(289選挙区)で原告が立ち、選挙の翌日(10/23)に、全14高裁・高裁支部で一斉提訴されたそうです。

過去、二回最高裁違憲の判決が出てますが、どうなるでしょう。

 

改憲議論にも影響してくるでしょうし、、、

この一人一票実現国民会議では、こうも言ってます。

最高裁判所は、違憲状態の選挙で選ばれた国会議員による憲法改正の発議を許すのか否か」

 

ちなみに、このサイトでチェックしたら、つくば市は一人0.5票でした。

 

去年の参議院選挙における格差についての最高裁の判決。

1票の格差3.08倍、16年参院選「合憲」 最高裁判決 :日本経済新聞

是正されている事が評価されたようですが、15人いる判事のうち、

2人は「違憲状態」、残りは「違憲」と「違憲・無効」と判断されているので是非が分かれている事は間違いありません。

 

人口が増減する中で、1票を平等にするのは確かに厳しいものがあるものの

あまりに開きすぎているのであれば、やっぱり無効ですよねー。

台風の影響もありましたけど、 投票率の低さも問題がありますが、

憲法改正

特に小学生以上の子供たちと、みんなで議論していけたらいいなと思います。

 

 

憲法

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
○2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
○3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
 
第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
○2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
○3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
○4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。